531432613-diligence-attending-school-listening-to-school-lessons.jpg

IBプロジェクトについて ・ IBって? ・ アンケート

倶知安IBプロジェクト

 

はじめに、

子供の進学先についてどのようにお考えですか?
ニセコエリアの素晴らしい環境で暮らす私たちにとって、子供の進学は大きな悩みの種ではないでしょうか。子供のよりよい教育環境や大学進学を考えると高校はやはり札幌かな。これからの時代を生き抜く力が地元の学校で養えるのか。そんな声も聞こえてきます。 

学校は地域コミュニティーの核と言っても過言ではありません。しかし現状は地元の高校に進学するのはわずか6割(倶知安高校へ4割強、倶知安農業高校へ2割弱)で、残りの生徒は家族で札幌に引っ越したり、小樽や余市などに通っています。羊蹄山ろく地域の人口が全体的に減少する中で、倶知安高校でも生徒数減少によるクラス減が危惧されています。

地元高校への進学の推奨と教育レベルの向上、更には国際化が進むニセコエリアで、世界で通用する教育環境を構築するために、倶知安高校に国際バカロレア(IB)プログラムの導入を目指す話し合いが、教育関係者や関心のある親たちで構成されるグループによって進められています。 IBプログラム制度とは日本の教育制度に適合し、一般的な高校卒業資格と同時に、「国際バカロレア資格」という世界中で認知される大学入学資格を取得することができるプログラムです。 東京大学をはじめとする国内一流大学も、この資格による入学枠を設けており、より幅広い進学の道が開かれます。 

研究会委員

古谷 真司
Ross Findlay
作井 繁樹
本間珠美
Chris Pickering
木村聖子
Keith Rodgers

 
IB.png
 

•  国際バカロレア(IB)プログラムにはミドルイヤープログラム(MYP)とディプロマプログラム(DP)があり、高校卒業と同等のディプロマプログラムでは、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入試資格(国際バカロレア資格)を得ることができます。

•  国際バカロレア資格により、海外の大学へ進学する道が開けるだけでなく、日本国内のほとんどの有名私立、国立大学でも国際バカロレア資格による入学枠を設けており、大学進学への選択肢が増えます。

•  IBスクールの卒業生は、IB資格と同時に、日本の高校卒業資格も取得できるので、国内の大学を受験、進学することも可能です。

•  国際的な感覚と視野を身につける学習プログラムにより、国内外のハイレベルな大学で世界中の学生と共に学ぶ準備を整えます。

•  これまでの、受験のためだけの「受け身学習」ではなく、自ら課題を発見し、それに取り組み提案できる能力を伸ばす教育環境です。

•  主に日本語で学びながら、英語の運用能力も高めていきます。

•  家族への金銭的負担が重くならないように、一般公立高校と同程度の負担を目指しています。

•  2013年(平成25年)6月に、日本政府は「一部日本語による国際バカロレアの教育プログラムの開発、導入等を通じ、国際バカロレア認定校等の大幅な増加を目指す(2018年までに200校)」と閣議決定しました。

•  現在北海道では1校しかないIBスクールに倶知安高校が加われば、地元の高校への愛着と自信が芽生えます。

•  言語運用能力が向上し、ニセコエリアのような国際的な環境で活躍する可能性が大きく広がります。

 

国際的な視野を持った人材を育成するため、生徒の年齢に応じて、以下の教育プログラムを提供。
平成28年8月1日現在、世界140以上の国・地域、4,631校において実施。

1・プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)【1,428校(国内:21校)】
3歳〜12歳を対象として、精神と身体の両方を発達させることを重視したプログラム。
どのような言語でも提供可能。1997年設置。

2・ミドル.イヤーズ・プログラム(MYP)【1,309校(国内:10校)】
11歳〜16歳を対象として、青少年に、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラム。

3.ディプロマ・プログラム(DP)【3,087校(国内:28校)】
16歳〜19歳を対象としたプログラムであり、所定のカリキュラムを2年間履修  し、取終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能。原則として英語、フランス語又はスペイン語で実施。1969年設置。

4.キャリア関連プログラム(CP)【114校(国内一校)】
16〜19歳を対象として生涯のキャリア形成に役立つスキルの習得を重視した、キャリア教育・職業教育に関連したプログラム。一部科目は英語、フランス語又はスペイン語で実施。2012年設置。

ご参考に下記のリンクをご覧ください:

1. 国際バカロレアの認定校 (文部科学省)

2. 文部科学省 

3. 国際バカロレア・デュアルランゲージ・ディプロマ連絡協議会

 

1.    アンケートのお願い、

IBプログラム校として認証を得るには様々なハードルがありますが、地元教育関係者は、本格的な導入を目指すにあたり、実際にどれだけの親と子供がIBプログラムに関心があるかを調査し、予想される規模を把握したいと考えております。このアンケートはそのような意図で作成されました。
ニセコエリアに在住し、お子様のいる家庭を対象に、このアンケートへのご協力と、この活動をできるだけ多くの方へ広めていただけますようお願いします。